平成23年3月11日の東北地方太平洋沖大地震により被災された
 皆様方、ご家族、ご友人が被災された皆様方に、謹んでお見舞いを
 申し上げますとともに、皆様のご無事と一日も早い復興を、心より
 お祈り申し上げます。

スポンサード リンク


カスタム検索

2007年05月02日

今日は小型船舶の免許について

今日も2隻出港しましたが、結果はあまり芳しく無かったようで、烏賊が少し形の良いのは釣れたようですが、数が上がらなかったようです。

そこで今日は小型船舶免許について少し触れたいと思います。

船舶免許には今現在の法律上で大きく3種類に分かれています。

1. 1級小型船舶操縦免許
2. 2級小型船舶操縦免許
3. 特殊小型船舶操縦免許

に分かれており、今まで一般的だった4級小型船舶操縦士免許は2級になります。(4級の方は今お持ちの免状のままでも、2級同様の扱いとなり、次回の更新講習のときに自動的に免状が2級免許になります)主な変更点としてそれまでは、5トン未満という定義がありましたが、現行法上では、1級同様20トン未満と制限が拡大され、2級を取得するだけで大きな船に乗れるようになりました。

ただし5海里という制限は、以前と変わりませんのでお気をつけ下さい。

また、2級を持たれている方が1級を取得する場合以前は先ほど書いたようにトン数制限が1級と同じになったので、学科だけ合格すると1級になるというステップアップが、とても簡単になりました。

そして、今1・2級免許を新規で取得される方で、水上バイクにも乗りたいという方は特殊免許を新たに取得する必要があります。(平成15年5月31日までに海技免状を取得されている方については、特殊免許も同時取得している扱いになっています)

最後に車の免許は、各都道府県の公安委員会が発行しますが、船の免許は国土交通大臣の発行、いわゆる国家資格となりますのでしっかり法を遵守して、海上交通マナーに気をつけましょう!


posted by ひこさん at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 船舶免許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

海技免許の更新時期

今うちでは3月19日の更新に向けて
申し込みに来られる方に対応させて
いただいております。

結構皆さん更新時期についてご存じでないので
ここで簡単に説明。

船の免許は車と違いまして
一年前から更新を受けることが出来ます。

そしてこの一年間に受ければ
免許の有効期限は短くなることはありません。

あと「なるべくぎりぎりで受講したい」
といわれる方がおられますが・・

更新講習は決められた日程しか講習がないので
あまりぎりぎりにしてしまうと
急用で講習を受けられなくなった場合
免許が失効してしまうおそれもありますので
余裕を持って受講されることをおすすめします。
posted by ひこさん at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 船舶免許 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。